FC2ブログ

20150727 中国地方周遊ツーリング・完~大山・蒜山から鳥取砂丘を目指す~

fc2blog_2015072616044426a.jpg

 7月27日の早朝でございます。台風が接近してはおりますが、天気よく暑そうでございます。朝5時半過ぎに宿をチェックアウトし、R180を北上いたします。
fc2blog_201507261604545a2.jpg

 途中濃霧に進路を阻まれ・・・恐る恐る進みました(苦笑)。
fc2blog_201507261605002ad.jpg

 1時間足らずで大山寺に到着。後ろには大山の勇姿が・・・。進行方向には、境港方面の風景が綺麗に見えておりました。絶好のツーリング日和!大阪発組は今頃どこでございませうか・・・?
fc2blog_20150726160506328.jpg

 後々大阪発組が体感するであろう絶景を先取りいたします(笑)。鬼女台からの絶景・・・
fc2blog_2015072616051191b.jpg

 蒜山高原から遠く大山を望むの図・・・
fc2blog_201507261605182fc.jpg

 8時半過ぎ、定刻より早く、大阪発組が集合場所へご到着でございます。今回絡みはここだけ(爆)。私は次なる目的地へ向かいます。皆さんお気をつけて!

 9時・・・再び日本海を目指して走り出します。次なる目的地は「鳥取砂丘」でございます。そこは今から12年前、銀たこ師匠が北九州から日帰り単騎で目指した場所であり、「全国ミーティング」発祥の地でもございます。尾道~蒜山とくれば、鳥取砂丘を目指すのは自然な流れでございます。これに限らず「鳥取砂丘」は不思議な場所で、私のこれまでの40数年の人生の中で、比較的重要なターニングポイント・・・それも複数にこの場所が絡んでおります。諸々から少し落ち着いたもんで、再訪もよいかなと決心いたしました。
fc2blog_2015072616052384a.jpg

 ときれいごとを並べてみましたが・・・暑いがな(大汗)。ライダー仕様で固めた体で来るところやおまへん(苦笑)。10分ほどでギブアップでございます(笑)。まあでも・・・無事に銀たこ師匠の魂は届けました。

 帰路はこれまた無料高速の「鳥取自動車道」を南下・・・。中国道~播但道~姫路・加古川BPで経費節減でございます。安いけど暑い・・・(大汗)。ちょっとクラクラしてきたもんで・・・
fc2blog_2015072616052949d.jpg

 大久保サティアンで小休止でございます(笑)。ここにこれまた私が好きそうな変態バイクがございましたが・・・

買いませんよ!(笑)

 その他諸々雑談をばいたしまして、最終帰路につきました。2日目の走行距離457キロ、2日間の総走行距離は1057キロでございました。我ながらよーやる(爆)。

 余談でございますが、ロングツーリングといえば、恒例の「落し物」でございます(苦笑)。今回は・・・
fc2blog_201507261605351f6.jpg

 エキパイをフレームに固定するボルトが抜け落ちておりました(汗)。取り付け時大雨で作業を急いでいたもんで、増し締めを忘れたものと思われます。しかしながらよく見ると、ボルトはフレームとエンジンの間に挟まって残っております(笑)。紛失はナットだけでございます。帰宅後洗車ついでに、手持ちのナットで補修・・・。

 予告編でも記しましたが、今回2号機「CB500S」のツアラーとしての実力を思い知りました。エエ買い物したと思います。revoしゃちょー、おおきにでございました(礼)。(完)

20150726 中国地方周遊ツーリング~島人氏と三瓶山へ~

 今回尾道方面に出向くに際し、比較的早い段階から、とあるお方にお声掛けをしておりました。しまなみ街道のとある島でミニバイクのサーキットを営む「島人」氏でございます。

 当初は尾道で少し会えればいいかなぁ・・・くらいのつもりでおりましたが、途中行程にご一緒いただくこととなりました。出発前夜に行き先は「三瓶山」に決定。尾道からは片道約120キロ、2時間ほどの距離とのことでございます。
fc2blog_2015072616041265d.jpg

 山陽道・尾道ICで合流して、マニアックバイク2台で最近全通したという「尾道・松江自動車道」を北上・・・。この道、トンネルも多く、相当カネがかかってそうでございますが、何と「タダ」でございます(驚)。瀬戸内からあっという間に日本海でございます。
fc2blog_20150726160417fab.jpg

 お昼は名物の「三瓶バーガー」をば・・・。わさび味をチョイスしましたが、これがまた絶品・・・(喜)。ご当地バーガー数あれど・・・これが文句なしピカいちでございます。
fc2blog_20150726160423eae.jpg

 三瓶山を望む草原にて・・・。鉄分の濃い私ケロリン、「さんべ」は国鉄の変り種急行の名前という認識しかございませんでしたが(笑)、ホンマ綺麗なところでございます。大阪から400キロ・・・まだまだ知らぬ景色がございます。日本って奥が深い・・・。
fc2blog_20150726160428aa7.jpg

 島人氏とは、温泉愛好家という共通点もございます。実は私のHNの名付け親は島人氏・・・(笑)。お知り合いになってから10年、大事に使わせていただいております。

 やってきたのは三瓶温泉・亀の湯でございます。地元の方々が細々と守る公衆浴場。源泉掛け流しでございます。泉質は、界隈では珍しい「ナトリウム・塩化物泉」。夜間は加熱するそうでございますが、日中は33度前後で垂れ流しております。気持ちの良いお湯でございます。奈良の「入之波温泉」のお湯を少し薄くしたような感じ・・・。近くにあったら間違いなく通います(笑)。

 入浴後は来た道を戻ります。三次JCTで島人氏とお別れ・・・。ぜひまたご一緒してください。おおきにでございました。
fc2blog_201507261604342fb.jpg

 17時過ぎ、この日のねぐらである岡山県新見市に着弾。ここまですでに600キロ走っておりました(汗)。なお、まだこの段階では、翌27日の予定は白紙でございました(笑)。
fc2blog_20150726160439dad.jpg

 今回のお宿の夕食でございます。絶品スタミナ焼き・・・味噌の使い方が絶妙でございました(続)。

201507 ケロリン夏旅行2015(予告編)

fc2blog_20150728164934ec2.jpg

 夏休み後半2日間は、カングーで巡る車旅でございます。主目的は、恒例行事となりつつある「郡上踊り」でございますが、我が家から岐阜県郡上八幡までは、片道250キロ・3時間と少しの距離でございます。まっすぐ行って帰ってきてもオモロない・・・ということで、若干前ひれ尾ひれをつけました。

 当初は、愛知県岡崎市で行われる「朝いちざえもん」に出撃して「オカザえもん」に会うつもりでおりましたが、出発4時間前にアクシデントが・・・(大汗)。結局出発が5時間ほど遅れ、残念ながら「朝いち・・・」には間に合わずでございました。

 ここで頭を切り替えて、すぐに次なる戦略を練るのが私ケロリンでございます(笑)。相方と相談し、進路を東ではなく北東へ・・・。結局のところ、福井~九頭竜~白鳥~郡上八幡~美濃という600キロの行程になりました。一時はどうなることかと思いましたが、結果オーライでございます。

 結局4日間の夏休みの総移動距離は、1650キロになりました(驚)。我ながらアホでございます(苦笑)。本編は3分割し、「中国地方周遊ツーリング」ネタに引き続いてお届けいたします。乞うご期待!

20150726 中国地方周遊ツーリング~尾道で銀たこ師匠の面影を~

 7月26日朝5時前・・・2号機「CB500S」にまたがって、ひたすら西へ西へ・・・。約3時間半後、やってきたのは・・・
fc2blog_20150726160401c29.jpgfc2blog_20150726160356872.jpgfc2blog_2015072616035055f.jpg

 広島県尾道市でございます。瀬戸内海に面した風情ある港町・・・私の好きな町の5本の指に入ります。やってきたのは8年ぶりでございます。今回のツーリングで、ここだけは外せんと心に決めておりました。

 前回訪問時は、チームRYUBE九州の重鎮・銀たこ師匠が、子忍者氏の運転する車に乗って、我々大阪メンバーに会いに来てくれました。その2ヵ月後に帰らぬ人となった師匠の最後の遠出だったものと思われます。

 実は今回のツーリングのベースは、チームRYUBEの「大山ツーリング」でございます。7月27日に日帰りで蒜山・大山を往復しようという企画。今回は企画部長業務を免除されておりますもんで、好き放題でございますが(爆)、運営スタンスの違う「九州」「大阪」RYUBEの橋渡し役というか、10年以上も続いた春の「全国ミーティング」の立役者である銀たこ師匠の魂を、蒜山に運びたいという思いがございました。
fc2blog_20150726160407bdf.jpg

 記憶が正しければ、ここで一緒に昼食を摂りました。海沿いの道を淡々と押した車椅子の感覚・・・今でもよく覚えております。

 銀たこ師匠には、ライダーの先輩として、本当にいろんなことを学びました。同じパラレルツインマニア(爆)、その魂は、「淡々とした無鉄砲」ぶりも含め、大阪の企画部長がしっかり引き継いでおります(笑)。

 この日は花火大会ということで、海沿いでは壮絶な場所取り合戦が繰り広げられておりました。人出も多くなりそうなもんで早々に退散!また落ち着いた時期にゆっくり再訪したいところでございます(続)。

201507 中国地方周遊ツーリング(予告編)

fc2blog_201507261603436ed.jpg

 さて・・・少し早い目の「夏休み」でございます。前半戦は、ちょいとツーリングをば・・・。尾道~三瓶~新見~大山~蒜山~鳥取砂丘と1泊2日で1057キロの旅でございました。

 実は初日の尾道、新見に宿泊、2日目の蒜山・大山以外は全く白紙の行き当たりばったりツーリング(笑)。尾道~三瓶はバイク温泉友の島人氏にエスコートしていただき、鳥取砂丘はちょいと思うことがあって立ち寄った次第でございます。

 山間部は寒いくらいでございましたが、平地の暑いこと・・・(苦笑)。ちょいと落し物をしましたが(汗)、無事に帰還いたしました。今回は2号機「CB500S」を投入しましたが、ツアラーとしての実力を実感することが出来ました。旅バイクとしては最高のお供やと思います。

 本編は3分割にてお届けいたします。乞うご期待!

魅惑のわらび餅

 今日は(も?)ローカルネタでございます(笑)。先日、チャリンコ朝練道中にある野菜販売所が実は和菓子屋さんやったというネタを記したところでございます。その正体は・・・堺市中区見野山にある「北山製菓」さんでございます。

 私ケロリン、言わずと知れた「わらび餅」フリークでございます(笑)。ここ「北山製菓」さんで購入したわらび餅がコレ(↓)

 琥珀色の魅力的なブツ・・・(笑)。本わらび粉を贅沢に使った逸品でございます。氷水で5分ほど冷やし、きな粉をまぶすと美味とのこと。確かに、舌触りとのど越しがそこいらのわらび餅とは全く異なります。それでいて値段も安い・・・(喜)

 お店の前の通りは、狭山方面やコー○ンに買い物に出かける際の抜け道でもあり、チャリンコ朝練時にも勾配緩和のためによく使います。全く気づいておりませんでした(苦笑)。時折ネタに出てくる堺市西湊の「天神餅」もわかりにくいですが、ここも同等かそれ以上でございます。

 このわらび餅は夏季限定のようで、季節季節に応じて名物があるようでございます。堺は千利休のふるさとでございます。お茶には茶菓子が不可欠ということで、和菓子を愛する心は今も脈々と息づいております。有名店でなくとも当たり前においしい和菓子が提供されている・・・そんな堺の奥深さを改めて見出したような気がいたします。さあ・・・通うで!(爆)

ヒメウズラ・雛誕生!


 新しい孵卵器の中で、新しい命が誕生し始めました。「うずお」と「うずこ」ペアの第一子・・・難産で、嘴打ち(すなわち、誕生に向けて自分で殻を割り始める)から12時間以上が経っても出てくることが出来ず、補助してようやく誕生でございました。

 誕生しても、ここからまたさらなるハードルが待ち構えております。「ぴー」のように順調に成鳥になるのはほんの一部・・・この子はどうでございませうか・・・?朝起きたら☆になってるかもと思いつつも、とりあえず無事に一つの関門である「生後48時間」を迎えましたが・・・自分で最後まで殻を割ることが出来なかった子は、自然の摂理からいえばちょっと難しいかもしれませんですな(汗)。

 ヒメウズラの孵化には17日を要します。卵にはすべて生まれた日付を記入しておりますが、すべて有精卵であれば、これからほぼ毎日誕生シーンが繰り広げられることになります。生命って不思議でございます。

20150718 名古屋日帰り弾丸ツアー 2015夏・完 オカザえもんと再会!

 さて、先生ご夫妻と別れた後は…

 矢場町経由、徒歩で大須にやってまいりました。大阪に例えると、栄が「キタ」なら大須は「ミナミ」でございます。そして「ミナミ」でも、なんばと天王寺と地方都市の繁華街がごちゃまぜになったようなカオス感があり、私は大好きでございます。私にとって、名古屋は木曽方面や飛騨方面への中継地点でしかございませんでしたが、愛知県出身の相方のお陰で世界が広がりました。

 ちょうどこの日は大須観音の「蚤の市」でございました。昨年来た時も、合わせたかのようにドンピシャ(^o^)。今回は特段何も仕入れずでございました。ダッテシブチンヤネンモン…(^^;;。

 そしてもう一つ、ちょうど良いイベントごとがございました。徒歩で名古屋市科学館へ移動…。
fc2blog_20150718171940c54.jpg

 何とここに、私が敬愛してやまない「オカザえもん」が出没するとのことでございます(^o^)。
fc2blog_20150718171948471.jpg

 昨年11月以来の再会でございます。お元気そうで安心しましたm(_ _)m。
fc2blog_20150718172017fc4.jpg

 しかしながら暑い毎日…オカ殿も苦労してますなぁ…(^^;;。熱中症にご注意くださいましm(_ _)m。

 時刻は16時…帰りませう(^-^)/。帰路もアーバンライナーで一気におーさかへ…。いやはや、便利なもんでございます。運転せんでええのは楽だすm(_ _)m。

 滞在8時間弱の弾丸ツアー、とくと堪能いたしました。大嶽先生ご夫妻、オカ殿には深く感謝申し上げる次第でございますm(_ _)m。(完)。

続々・ヒメウズラの卵を育てる

 ヒメウズラの卵を育てる・続々編でございます。自家製孵卵器で孵化を目指していたのは既報のとおりでございますが、2点ほど問題点が出てまいりました。


① 温度が安定しない

熱源として、ハムスター用の遠赤外線パネルヒーターを用いておったところでございますが、孵化最適温度である37.5度をピンポイントに維持するのが非常に困難でございます。


② 卵が増えすぎて狭い

ほぼ1日2個のペースで卵が増殖しております(苦笑)。自家製孵卵器のキャパはせいぜい15個が限界でございます。単純計算で、1週間でキャパ越えすることになります。

 その2点に加え、先日、雛の「ピヨ」が生後10日で突然死しました(涙)。譲り主さんは「電気アンカ」を用いて孵化環境を作り、孵化させておられましたが、温度管理には非常に苦労されていたようでございます。温度管理が適正でないと、弱い雛が生まれるようでございます。

 ヒメウズラの飼い主として、命を守るという責任がございます。ということで、専用の孵卵器を導入することといたしました。

 チョイスしたのは、韓国製の「Rcom ECO10」という孵卵器でございます。国内代理店を通じ、比較的安価で入手することが出来ました。定期的に手動で転卵してやる必要はあるものの、うずらの卵であれば40個近くは収容でき、何よりも、温湿度管理がバッチリの上、メンテナンス性も良さそうでございます。そこそこ大きさがあるので、初期の育雛器としても活用できそうなスペックでございます。

 ボチボチ、7月初旬に生まれた卵が孵る時期でございます。どうなることでございませうか・・・?

20150718 名古屋日帰り弾丸ツアー 2015夏 ツリバシストと再会!


 朝7時の大阪難波駅でございます。ここからアーバンライナーで名古屋へ…。この便は本当によく使います。9時15分名古屋着…。

 今回の名古屋旅のきっかけは、奈良県明日香村の「坂乃茶屋」を通じて知り合った、「ツリバシスト」こと大嶽雅博先生の奥様から届いたお手紙でございました。先生が講座を開くから来ませんか?と…。久しぶりにお会いしたいなという気持ちもあり、相方と相談して2人で出かけることにしました。
fc2blog_20150718171921796.jpg

 「ツリバシスト」とは何ぞや?とお思いのことと存じます。簡単に言えば、先生は、日本各地に昔から存在する「吊橋」研究の第一人者でございます。吊橋のみならず、橋を語らせたら、先生の右に出る者はおそらくいないでしょう(^^;;。

 先生は「旅人」でもございます。年間100日は取材旅行に出るとのこと…。その「旅スタイル」は私と共通するところが多いというか、ある意味私のお手本でもございます。今回、こってり1時間半、橋の魅力を堪能させていただきました。どこにでも当たり前にある「橋」の見方が根本的に変わりました。面白かった…(^o^)。
fc2blog_20150718171927929.jpg

 講座の後は、先生ご夫妻にお昼をご馳走になりました(^^;;。

 爆盛りのかき揚げ丼でございます(^^;;。昔はこれくらいは軽くペロッと行ってましたが、さすがに寄る年波には…。でも辛うじて完食いたしました。

 最後に記念写真を撮ってお別れしました。またどこかでお会いできることを楽しみにしておりますm(_ _)m。(続)

あんた誰?

ケロリン

Author:ケロリン
ライダー、チャリダー、ライター、歌人、温泉研究家、カメラマン、鳥使い、コメダマニア、オカラー(オカザえもんのファン)等さまざまな顔を持つ不惑男。

新しいネタやで

新しいツッコミやで

ケロリンわーるど

ネタ倉

かれんだあ

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

楽しいお仲間

今まで何人来たん?

今何人見てる?

現在の閲覧者数:

何か探すん?

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ケロリン