FC2ブログ

20150530 ディープな大阪を歩く(前編)

 5月最後の土曜日、まるで夏を思わせるかのような暑い1日でございましたが、ちょいとディープな大阪を楽しんでまいりました。

 まずは泉北~南海高野線で大阪市内へ・・・。住吉東駅で下車して徒歩数分・・・
fc2blog_2015053017232673c.jpg

 「盆栽カフェ・グラード」さんにやってまいりました。古い門前町によく似合う素敵な佇まいのお店でございます。

 このお店で最近人気なのが・・・
fc2blog_201505301723417ca.jpg

 イチゴと練乳のカキ氷でございます。ふわふわ氷に丁寧にイチゴを炊いて作ったシロップに練乳がよく合います。知る限りでは最強のカキ氷。これはマジで美味でございます。
fc2blog_20150530172334668.jpg

 食後は裏口から住吉大社へ・・・。次の「初辰さん」は6月9日とのこと。家内安全と商売繁盛祈願・・・。いかにも大阪といった風情でホッといたします。
fc2blog_20150530172350e72.jpg

 鳥居前を通過する阪堺電車・・・。これもお馴染みの風景でございます。
fc2blog_20150530214714990.jpg

 少し歩くと「住吉公園駅」がございます。以前は天王寺系統の電車が頻繁に発着しておりましたが、いつの間にやら「日本一終電が早い駅」に・・・(苦笑)。保線のために辛うじて電車を残しているとしか思えんですなぁ・・・。

 阪堺電車といえば、堺市のLRT計画とは切っても切れぬ関係でございます。個人的には、堺東駅との相互直通だけでも実現しておれば、状況は変わったのではないかと思います。大事な大阪の財産、何としてでも存続させて欲しいと願います。

 まだまだ徒歩旅は続きます(続)。

ビアンキ号リビルド完了!

fc2blog_201505262202037c7.jpg

 変速系調整に手間取ったビアンキ号・・・無事何とか調整が完了し、仮組状態に到達いたしました。我が家のロードバイク4号機、私が使用する3号機でございます。ただ技術がないだけかもしれませんが、リアディレイラーとシフターの相性が悪く(ストローク幅の調整困難)、四苦八苦いたしました(^^;;。  

方向性としては、コンパクトクランク&幅広ハンドル&軽めのシフトフィーリング・・・元々は剛性の高いレース志向のフレームでございますが、レースよりも普段使いでの快適性を意識いたしました。ちなみに、1号機「フォーカス」=コンパクトクランク&大型アルミフレームのツーリング機、2号機「ピナレロ」=ノーマルクランク&コンパクトカーボンフレームの高速機として組んでおります。「ビアンキ」はちょうどその中間のポジションを狙って組んだ次第でございます。なお、すべて2×10速車ゆえ、ホイールはリアカセットをつけたままで使い回し桶でございます。


 当初は売却を視野に入れておりましたが、ビアンキのこのカラーリングは実はレアでございます。こいつを手元に残し、事実上休眠状態にあるフラットバーロード「アンカーCR500改」を売りに出すことにしました。どなたか使いませんか?なお、ビアンキの期限付きレンタルも賜ります。ロードバイクに興味のある方、是非に・・・。両者とも、適応身長は165~175センチでございます。

弱虫ペダル?

 ここ数年健康ブームもあってか、街中でロードバイクやクロスバイクといった「スポーツ自転車」を見かけることが多くなりました。年齢層は30代から、我々のような40代前半くらいの人が中心。「自転車少年」が時を経て活動再開した、いわゆる「リターンチャリダー」が多いのかもしれません(私もそのクチでございますが・・・)。

 スポーツ自転車に乗っている人は、基本的に紳士でございます。交通法規は遵守するし、サイクリングロード等ですれ違う時、追い越す時は会釈したり、声かけをしたりします。いかにもスポーツを愉しんでいるという風情で、私は大好きでございます。少なくとも、スポーツ自転車に乗っている人は「わかっている人」という理解をしておりました。

 ところが最近、街中の風情も含めて少し様相が異なっております。端的にいえば若い世代が増え、もちろん全員が全員とは申しませんが、「紳士」感が低下しております。厳しい表現でございますが、声かけ無視、ノーヘル、逆走、歩道暴走は当たり前の「なんちゃてチャリダー」が激増・・・。

 なんでやろうか・・・?といろいろ調べたところ、「弱虫ペダル」というアニメの影響があるようでございます。若い人たちに興味を持ってもらい、市場も含めて活性化するのは大変いいことでございますが、スポーツ自転車を操縦するにはそれなりの技術と理性が必要でございます。漕げばママチャリの倍くらいの速度が出ますが、細いタイヤで安全に止まる、危険を避けるというのは案外難しいことでございます。少なくとも、アニメの世界のようにはまいりません。そして何より、交通用具を操るということには「責任」「リスク」が伴います。すなわち、いつ「加害者」「被害者」になってもおかしくないわけでございます。

 例えば、時速35キロでスポーツ自転車を運転中に歩行者と接触したとしましょう。歩行者は間違いなく大怪我をしますし、打ちどころによっては亡くなるかもしれません。そして、運転していた側も転倒し、仮にノーヘルならば頭に重傷を負うかもしれません。

 例えば時速35キロでスポーツ自転車で逆走中、自動車に接触したとしましょう。結果は想像するまでもございません。そして理屈上は、逆送していた自転車側が100%の過失責任を負うことになります。

 つらつらと記しましたが、6月からは道路交通法が再改正され、自転車への風当たりがさらに強くなります。要は交通法規、社会的なルールを遵守し、周りの人にも配慮して楽しみなはれということでございます。

ER-5のセンタースタンドがチェーンに干渉していた件

fc2blog_20150425083305d3e.jpg

 サイドスタンドで駐車した時のER-5の足回りの図でございます。普段センタースタンドで駐車することが多いため気づいておりませんでしたが、先の車検の際に、revoしゃちょーのご指摘で気づいた次第でございます。

 ER-5はリアサスをオーリンズに換装しております。サスの長さが純正と異なるために起こる現象。走行に支障はございませんが、あんまり気持ちのエエもんではございません(苦笑)。早速対策を施しました。
fc2blog_20150425083325aa4.jpg

 ER-5にはセンタースタンドストッパーが標準装備されております。写真の真ん中の「的」みたいなところにゴムが当たり、スタンドをとめる仕組みでございます。ということは、ココをいじれば桶でございます。
fc2blog_20150425083311863.jpg

 まず考えたのは、センタースタンドが「的」に当たる部分にペットボトルのフタをくっつけることでございました。しかしながら、スタンドの跳ね上げ力はなかなかのもんでございます。耐久性を考えて却下!
fc2blog_201504250833188c7.jpg

 それならばと考えたのが、得意の「ワッシャマジック」でございます。自転車の部品の余りを使い・・・
fc2blog_20150425083332415.jpgfc2blog_20150425191646bcc.jpg

 桶でございます(喜)。あちこちイジると考えもせんようなところで考えもせんようなことが起こります。やれやれ・・・。

 余談でございますが、次の日曜日にしゃちょー主催のツーリングが開催されます。行く気マンマンですが雨予報…(^^;;。未開の地である三田方面ゆえ、非常に楽しみなんですが…。

ビアンキをリビルドする

 さて、2号機→5号機の「ビアンキ」のリビルド作業でございます。相方分を含めて3台のロードバイクを管理していると、それなりに余剰部品が出てまいります。とりあえず、ホイール、リアカセット、BB、シートポスト、SPDペダル、ハンドルステム、チェーンが余計にありましたもんで、足らずの部品を調達すればまた1台出来てしまう次第でございます。目の前にモノがあると・・・虫が騒ぎ始めました(笑)。

 そこで、コンポ(シフター・クランク・前後ディレイラー・ブレーキ)、ハンドル、ワイヤー類等を購入・・・。コンポはピナレロに移植した「105」の「5700系」を中古フルセットで購入しましたが、「5700系」のフロントシフターは操作が重いのが難点・・・。そこで、シフターのみを売却し、その売却益で1ランク下の「ティアグラ」の「4600系」シフターを購入いたしました。メーカーは推奨しませんが、同じ2×10速用なので、理屈上は互換性がございます。

 多少マニアックな余談でございますが、この「4600系」シフターは、「105」の2世代前の「5600系シフター」に構造が酷似しております。「5600系」は1号機「フォーカス」に装着しておりますもんで、イジリは桶でございます。
fc2blog_20150525214613680.jpg

 実は右手のひらを負傷していたことと、「4600系」シフターや一部微細なパーツの入手に手間取ったため、作業が10日ほど中断しておりましたが、無事何とか再開!自転車工房で夜な夜なボチボチ作業・・・。2号機「ピナレロ」のようにフレーム内臓ワイヤーではないので、作業はラクチンなはずでございましたが、変速系の調整に手間取る手間取る・・・(汗)。マニュアルどおりの作業ではうまいこといきまへん(苦笑)。やはりメーカーがいうように、同じグレードで統一すべきなのかもしれません。

 う~ん・・・困った(苦笑)。まだまだ夜なべは続きそうでございます。

ピーちゃんの生活環境を整える

 生後1週間足らずで我が家にやってきたヒメウズラの雛「ピー」。当初はハムスター用の空きゲージとパネルヒーターで生活環境を整えたのは既報のとおりでございます。しかしながら、あまり餌食いも良くなく、元気もありません。これはあかんと考えた私ケロリン、ショップのおねいさんに相談。おねいさんの見立てでは、ゲージ内の温度が低いのでは・・?と。そこで・・・
fc2blog_20150519080018b1c.jpg

 こんな感じにしてみました。ゲージを魚飼育用の30センチ水槽に交換。ヒーターは20Wの保温電球をセット。そのままではガラス面と干渉して熱を持つため、手持ちの部材で若干加工しております。

 ヒメウズラの雛は保温がカギだそうでございます。当初のゲージでは、パネルヒータのある局所のみ暖まるものの、ゲージ内温度は外気+3度くらいでございました。この方法では大方35度くらいまで上げることができ、これは母ウズラに抱かれている時と同じくらいの温度だそうでございます。乾燥対策として、少し大きい目の給水器をセット・・・。

 ウチに来た当初は怯えて怯えてのピーちゃんでございましたが・・・
fc2blog_20150519085222490.jpg

 調子が良くなるにつれ、次第に人馴れするようになりました。今や私の手を母親と思っているらしく、じゃれついて乗ってくる始末でございます。

 そういえば、昔飼ってた桜文鳥の「ピー助」もこんな感じでございました。なつかしい感覚でございます。

ハムミさん、天国へ・・・。

fc2blog_201505242128182fd.jpg

 我が家の愛娘・ジャンガリアンハムスターのハムミさんが天国へ旅立ちました。梅田・お初天神近くのペットショップから、雨の中電車に揺られて我が家にやって来て2年2ヶ月弱・・・。

 我が家にやってきた段階で、おそらく生後3~4ヶ月程度であったと推測されるため、概ね2年半くらいで天に召されたと推測されます。

 ジャンガリアンの寿命は2年~2年半と言われます。2年半生きると、人間でいうところの100歳だそう。そういう意味ではハムミさんは天寿を全うしたと言えるのではなかろうかと思います。

 ハムミさんとはまさに「激動期」をともに過ごしました。以前にも記したとおり人懐っこい性格で、よく一緒に遊びもしました。まさに家族の一員。ケロリン家のアイドルでございました。

 トップの写真は、今年の4月上旬に撮影したものでございます。この写真からも高齢化ぶりが見て取れますが、この数週間の衰弱振りは激しく、正直覚悟は出来ておったところでございます。夜10時頃帰宅するとすでに虫の息・・・。30分後、私の手の中で天国へ旅立ちました。

 亡骸は庭のシマトネリコの木の下に、大好きだったヒマワリの種と一緒に植えました。夏になったら大きな花を咲かせてくれるでしょう・・・。

 ハムミさんありがとう。どうか安らかに・・・。

20150517 信州ツーリング2015春~完・木曽路を行く~

fc2blog_201505172203213d5.jpg

 私がバイクをぶっ飛ばしてゲットしに来たブツ・・・。「ケロリン木桶」でございます(笑)。

 北陸新幹線開業記念として「内外薬品」が売り出した逸品。南木曽町の木材加工会社が手がけるサワラ材の高級桶。売り上げの一部は、木曽広域連合が運営する「水源の森基金」に寄付されるそうでございます。

 私ケロリン、ご存知のとおり「木曽路フリーク」でございます。遡ること23年前、「乗り鉄」として馬籠・妻籠を訪れたのがそのきっかけ。今から15年ほど前は、春夏秋冬と通っておりました。「ケロリン」「南木曽」「サワラ」とキーワードが並べばゾクゾクするわけでございます(爆)。我が家では、木曽の木材のモノをいくつか使ってますが、モノは間違いございません。何とかして手に入れたいと、いろいろ画策していたところでございました。

 余談でございますが、昔「コメダ珈琲」が今のように全国区でなかった頃、「シロノワール」に心奪われて三重県方面までバイクで疾走したことがございました。今回の行動はそれに類するなぁと・・・(笑)。

 桶さえゲットすれば用はございません。とんぼ返りでございます(猛爆)。実は帰路も未定。日付が変わるまでに帰り着けばよい。それだけでございます。結局のところ桶に刺激され、塩尻ICで中央道を降りて、R19を中津川まで南下することといたしました。

 R19はいわゆる「旧中山道」であり、木曽十一宿をつないでおります。別名「木曽高速」と呼ばれるほどトラックが多く、バイク乗りには若干ストレスフルな道ではございますが、今まで完走したことはございません。急ぐ旅でもなし、まあエエではございませんか・・・。
fc2blog_20150517212640f17.jpg

 「奈良井宿」で少し遅い目のお昼でございます。
fc2blog_2015051721264719e.jpg
fc2blog_201505172126535f6.jpg

 野沢菜の「おやき」に「五平餅」・・・木曽路の定番アイテムでございます。「五平餅」も木曽路の北と南では形と味付けが異なります。個人的にはこのスタイル&味付けが一番好きでございます。
fc2blog_20150517212659f38.jpg

 奈良井駅前で見かけた藤とつつじ。大阪ではすでに花期を終えておりますが、標高が高くて気温が低いここ奈良井では、今がちょうど見頃でございました。

 奈良井を出た後は、木曽路独特の風景を楽しみながら淡々と進んでいきます。時々遅いトラックに進路を阻まれましたが、信号等でパスすればあとは至って快適でございます。

 15時30分頃、中央道・中津川ICからランプイン。高速代の節約のため、土岐JCTから東海環状道にスイッチ。そして・・・
fc2blog_201505172127056e7.jpg

 ついこないだも来た「刈谷ハイウェイオアシス」で小休止。まだまだ先は長いんですが、「帰ってきたなぁ」と・・・。完全に距離感が麻痺しております(苦笑)。

 そのまま東名阪~名阪~西名阪と通って19時ちょうどに帰宅。ER-5が最も快適な4500~5000回転を維持して淡々と巡航いたしましたが、そこそこ早く帰ってまいりました。
fc2blog_20150517212711efc.jpg

 初日前半は想定以上の雨中走行(汗)。装備さえ整えておれば、周囲が感じるほど不快ではございませんが、今回は、ウェアは浸水するわ、ブーツの設定ミスで足回りはズブズブやわ・・・最悪でございました(苦笑)。棒茄子でレインウェア買い換えます。

 それはさておいて、信州の風光明媚な風景と美味しいどぶろくを堪能し、念願の木桶もゲットいたしました。若干駆け足ではございましたが、いいツーリングやったと思います。

 さて、次はどこへ行こうか・・・?考えるだけでわくわくいたします(完)。

20150517 信州ツーリング2015春~レアアイテムを求めて~

 さて、信州ツーリング2日目でございます。当初予定では、富士山麓の山中湖畔で開催される「カングージャンボリー」を覗いて帰るつもりでございました。しかしながら、お隣の河口湖周辺も含めて渋滞がハンパないという情報をキャッチして回避することにしました。

 実は初日、雨の中バイクを走らせながら、ふとあることを思い出しました。東京と長野の二店舗でしかゲットできないレアアイテムの存在・・・。ちなみに、長野県の取扱店は県北の長野市でございます。長野県は南北200キロもの距離がございます。宿のある蓼科からも約100キロ、高速利用で2時間弱の距離でございます。ブツは通販設定はなく、一旦3月に発売されたものの瞬殺・・・(大汗)。最近追加販売が始まったらしい噂を聞いておりましたもんで、取扱店に電話連絡したところ在庫が5個あり、そのうちの1個を取り置きしておいてくれるとのこと。行かなしゃーない(笑)。ということで、県都・長野市へGO!でございます。
fc2blog_20150517212623ec1.jpg

 前日とは打って変わって快晴のスタート!高速ズドンでは勿体無いもんで、ビーナスラインの前半、霧ケ峰を経由していくことにしました。南北アルプスに御嶽山、富士山まで見渡せる最高の天気!何度となく来てはおりますが、ここまでの好条件は初めてでございます。大満足で下山し、岡谷ICから長野道に乗って・・・
fc2blog_201505172126347e8.jpg

 善光寺さんの「ご開帳」でごった返す長野駅に着弾いたしました。時刻は11時過ぎでございます。さて、バイクを置いてささっとお店へ・・・
fc2blog_20150517212628cfe.jpg
ハンズ?

 そう、駅ビルにある「東急ハンズ長野店」でございます(続)。

20150516 信州ツーリング2015春~峠を越えて~

 野辺山からさらにR141を北上・・・松原湖の横っちょから「麦草峠」を目指します。R299・メルヘン街道のワインディングをひたすらクリアクリア・・・途中で雲の上に出ました。
fc2blog_201505172126055da.jpg

 そしてついにてっぺんへ・・・。15年選手のキャブレター車「ER-5」、エンジンをボコボコ言わせながら登りきりました(苦笑)。標高2127メートルは、日本の国道で2番目に高い標高だそうでございます。前回来たのは9年前、当時は「GPZ1100」に乗っておりました。直線番長の曲がらんバイク・・・(汗)。それに比べると、「ER-5」は非常に身軽でございます。

 峠を降りると「宿」はもうすぐでございます。その前に仕入れ・・・
fc2blog_201505172126127c8.jpg

 休憩したコンビニ斜め前の酒屋で売ってました。クール便で自宅へ送ろうと思ったものの、輸送中に噴き出すやの、味が変わるやの何やかんやと拒否られ・・・(怒)。宿に持ち込んで、メンバー皆で飲むことにしました。
fc2blog_20150517212617edb.jpg

 18時少し前、神奈川からの参加メンバーも含め、10名全員が無事お宿にチェックイン。夜は大宴会でございます。

 で、先のどぶろくでございますが、高遠の酒蔵「黒松仙醸」で作られている完全予約の逸品だそうでございます。酒税法スレスレまで「生」にこだわった由。確かに、味、香り、新鮮度等々含め、今まで飲んだモノの中ではダントツでございました。HPから通販桶とのことゆえ、帰宅後速攻で発注したのは言うまでもございません。ちなみに、6月上旬頃「クール便」で届きます。

 あの酒屋のオバハン・・・話が違うやないか!

 高遠の酒造から茅野の酒屋まで、誰がどないして運んできたんよ?(笑・続)。

あんた誰?

ケロリン

Author:ケロリン
ライダー、チャリダー、ライター、歌人、温泉研究家、カメラマン、鳥使い、コメダマニア、オカラー(オカザえもんのファン)等さまざまな顔を持つ不惑男。

新しいネタやで

新しいツッコミやで

ケロリンわーるど

ネタ倉

かれんだあ

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

楽しいお仲間

今まで何人来たん?

今何人見てる?

現在の閲覧者数:

何か探すん?

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ケロリン