FC2ブログ

チャリンコ通勤のススメ


私ケロリン、3年半ほど前からチャリンコ通勤をしております。大阪堺の泉北ニュータウンから岸和田市まで片道約12~15キロ、標高差約80メートル、片道約35分〜50分の行程をクロスバイクで走っております。

出張や天候の関係で、実際にチャリンコ通勤できるのは週に3日ほどでございますが、会社の通勤認定を取得しております。この間約1万5千キロを走破。実はチャリンコはバランスの良い全身運動でございます。一時期90キロに到達しようとしていた体重も、概ね70キロ前後までダウンいたしました。大腿筋を動かすので、実際の消費カロリー以上にダイエット効果は高い(基礎代謝が上がる)そうでございます。時々テレビや雑誌で取り上げられておりますが、私なりに思うところを長所短所含めてまとめてみました。

湊潮湯~磯の香りが漂う銭湯~


堺市の海岸沿いに、一風変わった銭湯がございます。マンションの一階角に位置するこの銭湯。見たところ何の変哲もないフツーの銭湯なんですが…

何と、天然温泉ならぬ天然海水の浴槽を備えております。

昔この地域に幾つかあった、漁師たちが冷えた体を温めるために作っていたという「潮湯」の末裔でございます。

能書きによれば、堺泉北コンビナートの沖合2.5キロまでパイプを伸ばして海水を採水して沸かしているとのこと。その海水は、露天を含む2つの浴槽に注がれ、浴室内には濃密な磯の香りが充満しております。

やはり体がよく温もります。併設の炭酸泉と併用すれば、もう汗ダラダラでございます(^^;;。そして嘘か誠か、アトピーにも効くとのこと。確かに湯上りはお肌がしっとりいたします。そういえば、タラソテラピーとかいうのんがございます。

南海本線湊駅からも徒歩数分でございます。お近くにお越しの際には是非…。

私はブロガー(^o^)


昨今世の中には、mixi、Twitter、Facebook、LINE等さまざまなSNSが溢れております。丸く言えば人と人をつなげるコミュニケーションツール。悪く言う人もおりますが、私は基本的に個人の使い方の問題と考えております。

それぞれにそれぞれの特徴があり、個々のニーズに合ったSNSを、個々の自己責任において、使う使わんの判断をすればいいわけでございます。

実際私も、Twitterをベースに、mixiとFacebookを連動させて使用。それぞれにそれぞれのネットワークがございます。皆様いつもお世話になっております(笑)。

しかしながら、すべてのSNSに共通することは、「流れてしまう」ということ。「タイムライン」と称されておりますが、その時々にリアルに感じてつぶやいたことは、時間の経過とともに流れ去ってしまいます。私個人としてはそこは非常に不満。ではホームページ・・・?更新が非常にめんどくさいし、ネタが固定してしまう・・・(苦笑)。その穴を埋めるのが「ブログ」でございます。

一時期に比して下火にはなっておりますが、これはなかなか絶妙なツールだと感じております。コメント・トラックバック機能があり、SNS的な要素も持っておりますが、とりあえず書いたものは、意図的に消去したりトラブルで消失しない限りは容量の許す限り残ります。また、作者のカラーを出しやすいという側面もございます。

つらつらと書き並べましたが、言いたいのは私は基本的にブロガーであるということでございます。昨年10月に1年3カ月ぶりにブロガーに復帰。文学者でもなんでもありませんが、私は文章を読むよりも、書く方が大好きでございます。

毎日欠かさず文章を書き記すというのはやはりのーみそに刺激がございます。また、ブログ休業中は言えんような苦労がございましたが(苦笑)、再開したことで生活リズムが整い、以前のような元気を取り戻しつつあります。やはり私にはなければならない存在のようでございます(笑)。

おかげさまで、復帰後の投稿ネタ数も100を突破しました。悶えつつも連続更新継続中(笑)。前ブログ7年間で積み上げた2,100には遠く及びませんが、また一歩一歩積み重ねていきたいと思っております。温かく見守っていただければ幸いでございます。

20140125 真冬の奈良散歩(後編)


奈良町から東へダラダラ登って行くと、文豪・志賀直哉が暮らした高畑界隈に至ります。

新薬師寺のお隣にあるのが「奈良市写真美術館」。私が敬愛する入江 泰吉先生の遺作が大事に保管されております。

ちょうど東大寺二月堂のお水取りの作品展をやってました。お水取りを終えれば大和路に春がやってまいります。

新薬師寺そばのお宅に、お水取りで使われたお松明が飾られていました。なかなかの迫力でございます。

時刻は午後5時。ささやきの小道を抜けて春日大社へ。そこから若草山の方へ進んでいくと…

聖火行列が通過していきました。そう、1月第4土曜日は若草山の山焼きでございます。若草山には向かわず、飛火野でスタンバイ。18時15分になり…

花火の打ち上げでございます。約15分間、冬空に打ち上がる花火を堪能(^o^)。そして18時30分…

点火されました。火はあっという間に山腹を駆け上がり、冬の夜空を焦がします。公認の野焼きは圧巻でございました。

帰路東向商店街の「釜粋」さんで…

「とりちく天ぶっかけ」を食しました。最近密かにうどん戦争が起こりつつある奈良。これはレベル高い!(^o^)。

冬の奈良の風物詩、とくと堪能いたしました。(完)。

20140125 真冬の奈良散歩(前編)

 3月を思わせるような暖かい冬の休日、ちょいと奈良にでかけてまいりました。

  奈良といえば「鹿」「大仏」「興福寺と猿沢池」が定番でございますが、もっと素敵な奈良がたくさんございます。珍しくスロースタート。お昼前に近鉄奈良駅をスタートし、進路を北へ・・・。
201401252058102ff.jpg
 最近「きたまち」と呼ばれるようになったエリアでございます。昔ながらの古き良き奈良が残っております。奈良女子大学があり、学生の町でもあります。ちょいとランチにいたしましょう。
20140125205800277.jpg
 「ライスオン」さんで「エビフライのせカレー」をいただきました。サラダ・スープとデザート食べ放題で990円也。味も太鼓判でございます。
 
 財布にお金がないことに気付き、再び近鉄奈良駅へ・・・。ATMでお金を下ろし、今度は進路を南に取ります。観光客で賑わう「東向商店街」を抜けたところに・・・
201401252056507cb.jpg
 「高速餅つき」で有名な「中谷堂」さんでございます。ちょうど草もちをついてるところでした。今日は食後だったので遠慮しましたが、ここの草もちは最高でございます。
 
 さらに南へ南へ・・・。たどり着いたのは・・・
20140125205825d6e.jpg
 「奈良町」でございます。ここも古き良き奈良を色濃く残すエリアでございます。私ケロリンが通い始めた20年ほど前は、まだまだ観光客も少ない静かなエリアでございましたが、年々観光客が増えております。小洒落たお店も随分と増えました。ブラブラ歩きには最高でございます。ところどころのお家の軒先に赤い玉みたいなものがぶらさがっております。これは「身代わり猿」という厄除けのお守り。庚申信仰が色濃く残るエリアでもあります。「奈良町資料館」で買い求めることが可能でございます。
 
 時刻は午後3時を回りました。進路を東へ取り、高畑界隈に向かいます。その前に、ちょいと小腹がすいたので・・・
20140125230747828.jpg
 「おくた」さんでみたらし団子を食べました。久しぶりに立ち寄ったら、大通りにお店が移転しておりました。場所が変わっても、ここのみたらしは昔から変わらず美味でございます。
(続)

須田帆布のリュック


茨城県つくば市に「須田帆布」という帆布工房がございます。1981年創業の、知る人ぞ知る比較的新しい帆布メーカー。トート、リュック、ショルダー等普段使いしやすいカバンを丁寧に作られており、コアなファンも多いメーカーでございます。

関西では、私が愛用している犬印鞄と並んで入手しづらい帆布カバンでございます。一度実物をと思っていたところ、よく行く奈良町のお店で取り扱いがあることが判明。早速出かけてまいりました。

直営店ではないため、点数はそこそこでございましたが、「スタンダードDパック」とやや小ぶりな「スタンダードDパック・S」の2点を実際に触り、背負ってみました。有名どころの犬印や一澤に比して生地が柔らかい印象。すっと体に馴染みます。ポケット等もかなり考えて作り込まれており、普段使いとして使い倒すにはもってこいでございます。結局迷いに迷い、「S」を購入いたしました。

カバンは道具でございます。やはりさりげなくこだわりたいところでございます。

旧友たちと一献


昨夜は中学時代の悪友2人と久しぶりに一献設けてまいりました。

堺筋本町のエスポワルさんで…

ハートランドビールの生。希少でございます(^o^)。

羊に牛の頬肉に鴨に…肉三昧(^o^)。そこそこのお値段いたしますが、その分素材にはこだわってはります。ワインによく合う(^o^)。

3人で飲むのは大方10年ぶりでございます。それぞれがそれぞれの10年。つるんで大方30年近く…心は当時にタイムスリップいたします。やっぱり持つべきものは友でございます。

帰りはいつもの千鳥足歩行でございます(^^;;。要所要所で写真を撮る癖があるので足跡は明確でございますが、なぜだか…

家にお花がありました(^^;;。どこで引きちぎってきたのかさざんかを…(^^;;。いつものことながら手癖がよろしい(^^;;。

ともあれ非常に楽しいひとときでございました。おおきにm(_ _)m。

ケロリンのコップ

先日のことでございます。雑貨店ヴィレッジヴァンガードで発見し、買って帰ってまいりました。

ケロリンのコップでございます。湯桶を取り扱ってるのは知ってましたが、コップは知らなんだ(^^;;。材質は湯桶のアレではなく、フツーのプラスチックでございます。でも雰囲気はございますな(^o^)。

ついでに…

薬用入浴剤もゲット!(^o^)。よく考えたら、ケロリンを扱っているのは内外製薬さんでございます。薬は本業(^^;;。

いやはや、何でもありになってまいりましたな(^^;;。ファンとして、グッズが増えるのはうれしいことでございます(^o^)。

冬の外回りのお供

私ケロリンの本業はお悩み相談員でございます。大方週の3分の1は外に出かけていきます。ちなみに足は電動チャリンコ。一度出ると10キロ程度は軽く走ります。夏は暑くて冬は寒い・・・(苦笑)。夏はさておいて、冬の強い味方がコレ(↓)。

「あめゆ」でございます。麦芽水飴の甘みがチャリンコをこいで疲れた体に優しく、ショウガが入っているのでポカポカ温まります。

幼少期から当たり前にあったので、全国区の飲み物なのかと思いきや、何と関西限定のものだそうでございます。確かに製造は大阪下町の飲料メーカー「サンガリア」でございます。それ以外にもいろんなメーカーが製造し、商店街等では店頭にサーバーが置いてあったりもいたします(↓)。

こんなうまいものを知らんとは・・・関西以外の人はかわいそうでございます(笑)。

ちなみにこれを冷やすと「冷やしあめ」。缶々もちょいと角度を変えれば・・・

大阪らしい発想でございます(笑)。

ちなみに昔は全国区の飲み物だったそうでございます。それがなぜ関西だけで生き残っているのか・・・?諸説あるようでございますが、私はこれら(↓)が関係していると思っております。

関西人のショウガ好きが関係していると・・・。麦芽糖ですから疲れた体にも即効性があり、ショウガパワーの恩恵にも預かれる…。実は健康飲料なんですわ(^o^)。

これも立派な大阪文化。しっかり継承していきたいところでございます。

SEIKO 5 sports

昨日は21日。四天王寺さんの大師会の日でございます。通称ガラクタ市。私ケロリン、ほぼ毎月出勤前に朝の散歩を兼ねて出かけます。

以前にもネタにしましたが、フツーの人にはガラクタばかりでも、私ケロリンにとっては「宝の山」でございます。今日も発掘作業に勤しみました(^o^)。



「SEIKO5 sports」。世界を代表する自動巻時計のスポーツモデルでございます。3000円でゲット!

製造番号から、1990年代の海外輸出モデルと推定されますが、かなり綺麗な状態を保っております。ムーブメントの裏は…



機械丸出しでございます。萌え~(^o^)。

このスポーツモデルは10気圧防水でございます。天候を気にせず使い倒せるのが美点でございます。

新年早々ええのん掘りました。四天王寺サマサマでございます。幸先良いスタート(^o^)。

あんた誰?

ケロリン

Author:ケロリン
ライダー、チャリダー、ライター、歌人、温泉研究家、カメラマン、鳥使い、コメダマニア、オカラー(オカザえもんのファン)等さまざまな顔を持つ不惑男。

新しいネタやで

新しいツッコミやで

ケロリンわーるど

ネタ倉

かれんだあ

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

楽しいお仲間

今まで何人来たん?

今何人見てる?

現在の閲覧者数:

何か探すん?

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ケロリン