FC2ブログ

笠置忘年会キャンプ出撃!

R1022621.jpg 

 11月もいよいよ終わりでございます。外もエエ感じに冷え込んでまいりました。

 さて、今日は毎年恒例の笠置忘年会キャンプでございます。昨年は諸々あってよー参加しませんでしたが、今年はお泊りで参加いたします。

 どうするべェかと思案しておりましたが、戦闘機付きの宿、すなわちカングーにチャリンコ1号機を積み込んで出撃いたします。

 料理は飛鳥鍋にトライ。コンロはランタン兼任のレインボーストーブを持ち込みます。いつものように燻製屋も開店予定。皆様よろしくお願いいたします。

 忘年会が終わったら一気に年末までスパートでございます。週末はすべて埋まりました(苦笑)。今年の汚れは今年のうちに、来年はきれいさっぱりいい1年にしたいところでございます。

20130817 サイクリストのオアシス〜かゑで本舗加東家〜

 紅葉とお祭りの時期には付近に大渋滞を巻き起こす愛知県香嵐渓。それ以外の時期は比較的静かな景勝地でございます。香嵐渓のすぐそばには「足助宿」がございます。往時の雰囲気をよく残した静かな宿場町。人々の当たり前の生活が当たり前に感じられる素敵な場所でございます。

 そんな町はずれに小さな和菓子屋さんがございます。銘菓「かゑで」で有名な「加東家」さんでございます。 
IMG_0750.jpg 
  最近は「かゑで」のみならず、洋菓子にも力を入れるこのお店、
IMG_0754.jpg 
  シュークリームや・・・
IMG_0752.jpg 
 レアポテトが・・・

 人気でございます。

 そして、豊田市から飯田方面に抜ける伊那街道沿いに面していることもあってか、サイクリストがひっきりなしに出入りします。彼ら彼女らをもてなすのが名物美人女将。お店に入ると、頼んでもないのにコーヒーが出てくるわ、お菓子が出てくるわ・・・その気さくさに負けて、ついついあれやこれやと頼んでしまいます。この商売上手が!(笑)。
IMG_2269.jpg
 それはさておき、久しぶりに田舎の家に帰ってきたような気分になるのが加東家さん。こっち方面にやってきた時にはついつい無理してでも立ち寄ってしまいます。

ハムミさん


我が家の家族、ハムミさんでございます。ジャンガリアンハムスターの雌、今年の3月末に我が家にやってまいりました。

ハムミさんは梅田の某ペットショップからやってまいりました。電車に長時間揺られ、我が家に着いた時には小さな箱の中で固まっておりました。当初はエサも食べず、どうなることかと思いましたが、日増しに食欲も旺盛になり、暑かった今年の夏も無事に乗り切りました。

 ジャンガリアンは小型で飼い易く、人懐っこいのが特徴でございます。過去に飼育したハムスターの中で、ハムミさんは一番活発でよく慣れています。ゲージの扉を開けるとピョコピョコと出てきて餌をねだります。噛み癖のあるタチの悪いのんも多々いる中で、比較的常識的でございます。

 ハムスターの寿命は大方2〜3年と言われております。ハムミさんは推定でもうすぐ1歳。長くてあと2年ほどの付き合いになりましょうか?そう考えると少し寂しいですが、なかなかの癒しキャラでございます。

自転車に乗る前に知っておきたいこと

12月1日施行となる道路交通法の自転車に関する改正点は、「自転車を含む軽車両が通行できる路側帯を進行方向の左側に限る」であり、命令に従わない場合は「3カ月以下の懲役か5万円以下の罰金」となる。また、警察官がブレーキの付いていない自転車などを停止させ、ブレーキ検査や運転の禁止を命令できるようにもなる。
(中略)
現状、すぐに懲役や罰金とまでではないが、走行を止められ、警告として警察官に身元の確認、もしくは出頭を求められる場合がある。以下、「自転車のルール」をまとめてみた。
・自転車は車道の左側を走行
・ピストバイクなど、ブレーキ無装着の自転車は走行不可
・右折時は2段階右折
・夜間はライトを点灯(前後ともに)
・信号を守って走行
・横に並んでの走行は禁止
・イヤホンやヘッドホンを装着しての走行は禁止
・携帯電話の使用や傘をさしながらの走行は禁止
・飲酒をしての走行は禁止
・2人乗りは禁止

「マイナビニュース 2013.11.20」より引用

クア武庫川〜住宅地に湧く高温食塩泉〜

温泉といえば、山奥の鄙びた景色の中に存在すると思いがちでございますが、大阪や神戸には街中に当たり前のように存在いたします。特に阪神間は温泉の宝庫。街中のフツーの銭湯にさりげなく温泉が湧いていたりするから侮れません。

 基本的に阪神間の温泉は、深く深くボーリングしてお湯を汲み上げております。泉質も「炭酸水素塩泉」が多く、素人目には比較的似通った泉質でございます。しかしながらツウは各温泉の微妙な違いを愉しむもの(笑)。今回は初回ネタでございますもんで、そういうマニアックな話は棚上げし、少し特徴的な温泉銭湯をご紹介いたします。

 阪神武庫川線・東鳴尾駅から西へ徒歩数分。住宅街に突如として現れる「クア武庫川」。玄関先には温泉の湧出口があり、時々ボコッ、ボコッと音を立てて温泉が湧き出しています。

 ここは湧出温度約58度の強食塩泉。開店直後は浴槽に透明なお湯が注がれておりますが、時間の経過とともに茶褐色へと変色するそう。阪神間の温泉では異質の存在でございます。聞くところによれば、ボーリングの深度である程度泉質は選べるそうでございます。近隣との競合を避けたのかどうか定かではございませんが、よく温まるエエお湯でございます。究極に疲れている時にさっと入るのに適しているような気がいたします。長湯厳禁、間違いなく湯中りいたします(苦笑)。

ネコバス?


私ケロリンの愛車。ルノーのカングーでございます。おフランス車でございますが、国内でも結構な台数が流通しているため、街中で目にする機会も多かろうかと存じます。長さ4.2メートル・高さと幅1.8メートルの5人乗りコンパクトカーでございますが、本国では郵便屋をはじめとする商用車としても使われております。したがって、その収容力は計り知れずでございます。

私の主な用途は旅のお供。ロードバイク+キャンプ道具というのが定番で、過去最大では、2人乗り状態でロードバイク3台とか、カブ1台を搭載したこともございます。

 私のカングーは2011年式でございます。現行カングーは不可能なそうでございますが、助手席もフラットになります。リアシートはもちろんフルフラットになりますので、最大2.5メートルの長尺物の搭載も可能でございます。噂によれば、中型バイクの搭載も可能とか(驚)。もちろん車中泊も余裕。出先でもトイレと水場のあるところに駐車すれば宿要らずでございます。

 排気量は1600cc。トレッドが広いので高速道路でも安定しておりますが、車体が重いので坂道は厳しい(汗)。ただし、マニュアルモードがついているので、積極的にシフトダウンしてやればほぼ無問題でございます。ワインディングも比較的軽快で、猫足とも呼ばれる安定感は絶妙。街中でも空間がスーッとそのまま進んで行くかのような乗り心地でございます。

ハイオク仕様でございますが、燃費は街中で概ねリッター10キロ、遠乗りで概ね12~13キロ、旅のお供が主な用途なので、さほど問題にはなりません。

 外車といえばお高いイメージがございますが、カングーは破格でございます。2000ccクラスのミニバンよりも少し安いくらいの価格設定でございます。元々フル装備でオプションがほとんどいらず、初回車検までの点検・オイル交換費用等もセットゆえ、お買い得感は高いです。ただし、故障は2度ほど経験。1回目は燃料パイプの固定部品が振動で脱落(後にリコール対象となりました)、2回目はウインカーが正常に作動しなくなりました。そしてつい最近は、燃料タンクとシフトプログラムの不具合ということでリコール(苦笑)。燃料タンク容量が60リットルから56リットルに減ったのは痛い(汗)。日産系のディーラーで対応可能なので、アフターもほぼ無問題でございます。

 車というよりも道具という雰囲気たっぷりのカングー。良き相棒でございます。

20131124 大久保サティアン被害者集会!

 今日も朝からバイク1号機アネーロに乗って西へ・・・。9時に第二神明・明石SAに集合でございます。
20131124202618d2d.jpg 
 今日の集まりは、「大久保サティアン被害者集会」でございます。主のバイクは・・・
20131124202630727.jpg 
 「HONDA GL500」。1979年製のレトロバイクでございます。何でも、「売れへんから乗ってる」とのこと。そう、今日の集まりは、8月にタイカブ「wave110i」を譲っていただいたrevoさん主催の「牡蠣食い放題ツーリング」でございます。

 revoさんはお客のことを、自分に騙された「被害者」と呼びます。明石市大久保にあるご自身の神聖な作業場を「サティアン」と呼びます。だから「大久保サティアン被害者集会」でございます(笑)。

 実は今回が決起集会とのこと。最終10台の参加がございましたが皆おっさん(爆)。集まってきたバイクも150ccから1400cc、1979年製から2012年製。ウチのアネーロなんぞはかわいいもんでございます(笑)。基本的にバイク乗りは皆仲良しでございます。早速和気藹々とバイク談義に花を咲かせ、9時半に目的地に向けて出発でございます。

 久方ぶりの隊列走行にて、加古川・姫路・太子竜野BP~R2~R250と走行。11時半頃目的地の「赤穂海浜公園」に到着!
20131124202643ea0.jpg 
 海沿いにある「ほったて小屋」にて牡蠣食い放題90分勝負スタート!ほとんどの方が初対面同士とは思えぬほど盛り上がり、牡蠣が大量消費されていきます。最終皆で400個近い牡蠣を胃袋に落としました(驚)。
201311242026544a4.jpg
 14時30分頃散会!よっしゃ帰ろうと思いきや、アネーロのリアショックがお漏らし(汗)。オイルシールがぶっ飛んでしもたようでございます。道中やたらと底つきするなと思っておりました(苦笑)。revoさんの「大丈夫!」とのお墨付きを得て山陽道をちゅどーん!行きつけのバイク屋でリアショックを発注し、無事に家にたどり着きました。走行距離340キロ也。

 普段は基本「チームRYUBE」かソロでしか走らん私ケロリン、今回なかなか新鮮で面白かったです。また人の輪が広がったのもうれしいことでございます。revoさんおおきにでございました。また近いうちに・・・。

20131123 紅葉と秘湯を求めて


随分と秋も深まってまいりました。今日はバイク1号機アネーロでちょいとお出かけ(^o^)。

とりあえずR309に乗り、吉野方面へ…。水越峠を越えて少し北へ…。

葛城一言主神社で小休止でございます。

ここは大銀杏で有名でございますが、まだ時期が少し早かったようでございます。しかしながら、紅葉は見事でございました。

再びR309に戻り、さらに南下を続けます。R169にスイッチし、吉野川を渡り、奥へ奥へ…

道の駅杉の湯川上で名物の火打餅ゲット!これはケロリン選のベストオブ草餅。ヨモギの風味と上質なこしあんが絶妙なハーモニーを奏でます。

川上村はまさに紅葉の見頃でございました。

さらにさらに奥へ奥へ…。やってきたのは入之波温泉でございます。しばらく改装休業してましたが今日から営業再開!

木の浴槽が温泉成分で鍾乳石みたいになってます。ケロリン選の関西温泉横綱でございます。

湯温40度ほどなのでナンボでも長湯ができてしまいます。結局1時間以上滞在し、来た道を戻ります。吉野川を渡ったところでR307にスイッチ。かぎろひの里大宇陀へ向かいます。道の駅で地場産の酒粕をゲットし、街並み散策…。

伊勢街道の風情がよく残っております。

ここまで来たら昼食は…

明日香村の坂乃茶屋でにゅうめんでございます。冷えた体に沁み渡ります。シンプルですが、24年食い続けても飽きません(^o^)。

お母ちゃんとひとしきりダベり、家に戻りました。走行距離180キロのちょいツーリングでございました。

白と黒

20131030124938e9e.jpg 
 コメダを代表するメニューといえば「シロノワール」でございます。コメダが増殖した今ではそんなに珍しい物でもございませんが、もう5〜6年前になりますか、某ブログ友さんのところで初めて目にして衝撃を受け、これは絶対喰らわなあかんと三重県某所までバイクを走らせたのは懐かしい思い出でございます(笑)。

 「シロノワール」のネーミングの由来は、「白い」ソフトクリームと「黒い(茶色い?)」デニッシュパンの組み合わせ。「白」=シロ+「黒」=ノワール(フランス語)で「シロノワール」であるそうでございます。

 温かいデニッシュパンに冷たいソフトクリーム。これがなかなか合うもんでございます。これにさらにメープルシロップをかけて喰らうわけでございます。甘党にはたまらんでしょう(笑)。

 コメダは大半がフランチャイズでございます。店によってモノに差がございます。最後に、今までに見た最強のシロノワール!
20131030125001be7.jpg 
 これは本場愛知県の某店のモノ。ソフトクリームの重みでデニッシュが沈んでおります(笑)。

20121229 東京下町の小さな中華料理屋さん

2012年も押し迫った頃、私は東京・埼京線の十条駅にいました。駅前には大きな商店街があり、年越しの品を買い求める人でごった返しています。人ごみを避けるように商店街から離れ、環七通りに向かってトボトボ・・・。左手に昔ながらの小さな中華料理屋さんがあります。その名は「喜楽」。中華料理屋さんによくありがちな名前でございます。
201311062338335e2.jpg
しかし、ここはタダの中華料理屋さんではないそうな。お客は地元のみならず、全国からやってくるとのこと。確かに壁にはスタアの写真とサイン・・・。

スタアの正体は吉井和哉。一世を風靡した「イエモン」のボーカリストでございます。何でも、吉井さんは幼少期をこの地で過ごし、このお店にもよく来ていたそう。そして今でも不意にやってくると・・・。いわばここはファンの聖地なわけでございます。
2013110623384668c.jpg
暖簾をくぐるとズーズー弁のお父さんと、色白の品の良いお母さん。お店の中は昭和で時が止まったかのような雰囲気・・・。メニューも中華のみならず、非常に幅広い・・・。昔どこの街にも、こんな感じの中華料理屋さんが一軒はあったよな・・・。
201311062339024fb.jpg
  お父さんお母さんと懐かしい味がする料理に癒され・・・。素敵なひとときでございました。

そうそう、来月再訪予定です。お父さんお母さん元気かな?

あんた誰?

ケロリン

Author:ケロリン
ライダー、チャリダー、ライター、歌人、温泉研究家、カメラマン、鳥使い、コメダマニア、オカラー(オカザえもんのファン)等さまざまな顔を持つ不惑男。

新しいネタやで

新しいツッコミやで

ケロリンわーるど

ネタ倉

かれんだあ

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

楽しいお仲間

今まで何人来たん?

今何人見てる?

現在の閲覧者数:

何か探すん?

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR